外反母趾 がいはんぼしとは、足の親指が「く」の字に曲がっていく症状です。

初期症状は、親指のつけ根辺りの骨が曲がっていくだけです。

ですが、年齢と共に、足の親指のつけ根辺りに痛みが出たりします。

40代、50代になると、さらに膝や腰、股関節の痛みの原因にもなります。

また、外反母趾の場合は、

決まったところに「タコ」や「魚の目」

ができたり、

巻き爪

になったりします。

ちなみに、外反母趾と同じ原因で、小指も曲がっていくのは

内反小趾 ないはんしょうし

と言います。

外反母趾かどうかのチェック

自分が外反母趾かどうか?は、

足の親指のつけ根からの角度で確認

します。

外反母趾かどうかのチェック

足の指の角度が、キツければキツい程、重度ということになります。

基本的に外反母趾は、ひどくなるしかありません。

外反母趾になった原因を取り除かないと、良くなることもありません。

外反母趾は病院へいくべき?何科に行く?

外反母趾は放置しているとひどくなるだけです。

なので、曲がっている角度がゆるいうちに治す方が良いです。

「何科の病院に行けばよいの?」

ですが、

  • 手術で治したいなら、整形外科
  • 根本的に治したいなら、ゆるかかと歩き指導院

です。

整形外科の外反母趾治療の内容は?

整形外科では、痛み止めの薬や、インソールを処方してくれます。

また、骨の形を整えるための手術も可能です。

ただ、外反母趾の根本的な原因は解消されません。

なので、再発する場合もあります。

「ゆるかかと歩き」って何ですか?

「ゆるかかと歩き」とは、まだあまり知られていない

外反母趾や足・腰の不具合を自分で治せる歩き方

です。

2019年に、解説する本が出版されたばかり。

足のトラブルの改善事例を積み上げた結果、正しいと判明されたので、やり方を広めるために本が出版されました。

なので、もう全国で1万人以上が足の痛みを改善しています。

「足・腰・ひざの痛みが消える ゆるかかと歩き」

足・腰・ひざの痛みが消える ゆるかかと歩き [ 中島武志 ]

価格:1,320円
(2022/2/25 20:17時点)
感想(3件)