足底筋膜炎(そくていきんまくえん)についてです。

足底筋膜炎(そくていきんまくえん)とは?

足底筋膜炎(そくていきんまくえん)または足底腱膜炎(そくていけんまくえん)とは、足の指の付け根からかかとまで、足の裏に膜のように張っている腱組織・足底筋膜(足底腱膜とも。以降、足底筋膜に表記統一する)に炎症が起き、小さな断裂を起こして痛みをもたらす病気。多くはかかとの骨の前あたりに痛みが起こる。主に40~50歳代以上で発症するが、若い世代でもスポーツ選手などに多い

足底腱膜炎と足底筋膜炎の違い

足底腱膜炎と足底筋膜炎は同じです。

原因

治し方、治療法

どのくらいで治る?

足底筋膜炎になった際にやってはいけないこと

ストレッチ

マッサージの仕方

足底筋膜炎になっている間は、運動していいのか