堺市で

などの足のトラブルの診療をしてくれる足の名医の情報です。

外反母趾、モートン病を700人近く改善している「南花台田辺整骨院・整体院」

堺市からも診断に行かれる方が多数の「足の名医」といえば、

「南花台田辺整骨院・整体院」

さん。

場所は、堺の南・河内長野市です。

吹田や、奈良、和歌山県の白浜近くからも、外反母趾の相談に来られるほどです。
南花台田辺整骨院・整体院さんの足のトラブル、個別相談の詳細

外反母趾やモートン病、足底筋膜炎など、

足首より下のトラブル

に強い整体院さんです。

2019年から足のトラブルに対応し始め、

年間180人、合計700人
(2022年11月末現在)

ほど、症状を改善させています。

整形外科で手術しかないと言われた外反母趾でも治るのは、なぜ?

南花台田辺整骨院・整体院さんでは、

  • この外反母趾は手術しかない
  • モートン病の神経種を手術でとりましょう
  • 数万円のインソールを作って様子を見ましょう
  • しばらく痛み止めの薬を飲んで観察しましょう

と言われた足の痛みでも改善されてます。

整形外科で治らない外反母趾がどうして整体院治るか?ですが、

外反母趾やモートン病など、足のトラブルの原因をしっかり判っているから

です。

足のトラブルの原因は?

外反母趾や内反小趾、モートン病など足首より下のトラブルの原因は、足の過剰回内

これはアメリカの足病医学(ポダイアトリー)で、ハッキリとしています。

足の過剰回内とは

足の過剰回内とは「かかと」から「足先」までが、足の内側に倒れている状態。

足が内側に倒れているので、足の親指付近に過剰に体重が乗ります。

その状態で、

蹴りだすような歩き方

をしているのが、

足の親指が付近から「く」の字に曲がる外反母趾の原因

です。

過剰回内を改善するとウソのように足が戻ります。

この

足の過剰回内になる姿勢

と、

蹴りだすような歩き方

を改善すると、ウソのように外反母趾や内反小趾が改善します。

体重が足の一部に乗らなくなるからです。

過剰回内を解消するための歩き方が「ゆるかかと歩き」

この過剰回内を矯正するために、2019年に考案されたのが

「ゆるかかと歩き」

です。

この「ゆるかかと歩き」で過剰回内を矯正することで、外反母趾が自分で改善できます。

整形外科で処方される

「インソール」

「サポーター」

だけでは、改善の効果を感じられない方は、一度相談に行ってみて下さい。

「ゆるかかと歩き」は難しくは無いです。
外反母趾の個別相談の詳細

住所:大阪府河内長野市南花台2丁目8−8

堺市南区の整形外科

堺市南区・泉北ニュータウンにある外反母趾・モートン病など足のトラブルに対応してくれる整形外科さんです。

井上クリニック (泉ヶ丘駅)

「健康くつ外来」にて、形状記憶プラスチックのインソールを処方してくれます。

住所: 堺市南区三原台1-2-3 ルルポ泉ヶ丘1F
電話: 072-295-0810

堺市東区の整形外科

堺市東区(日置荘、草尾、大美野など)、北野田、萩原天神、初芝から通える内反小趾、足底腱膜炎・足底筋膜炎を診てくれる整形外科さんです。

はつしば山本クリニック (初芝駅)

「足底板療法(インソール)・健康靴外来」(毎月第2水曜日 16時30分〜19時00分 採型・採寸施行)にて、症状に合わせた足底板(インソール)や矯正靴の処方を行います。

ご希望の方は事前にお電話下さい。

住所: 堺市東区日置荘西町2丁4番28号
電話: 072-286-0888


堺市で外反母趾が痛み出した方、「足の過剰回内」改善を試してみて下さい。

堺市で外反母趾や痛む足に対応してくれる整形外科やクリニック、病院をご紹介しました。

整形外科さんで

  • 足底版(インソール)や、テーピングを試しても痛みが改善されなかった
  • 処方されたロキソニンなど痛み止めの薬を飲み続けるのが嫌だ
  • 足の形を変えるには手術しかないと言われた

というような方は、外反母趾や内反小趾の原因、

足の過剰回内の改善

を試してみてください。

堺からも多くの方が相談に来ている河内長野の南花台田辺整骨院・整体院さんの

足のトラブル、外反母趾の個別相談

はオススメです。