外反母趾のせいで、人差し指の位置が後退し、中指に重なっています。

ただ、痛みはありません。

このような軽度の外反母趾、偏平足は治療した方が良いのかどうか?です。

答えは、

可能なら早めに治療した方が良い

です。

外反母趾の治療、何科に行く?

外反母趾は、骨の形を治すには整形外科で手術です。

ただ原因をちゃんとわかっていないと、手術しても再発します。

外反母趾の原因を把握して、再発しないようにするには

外反母趾の専門整体

になります。

整形外科での外反母趾治療は、形を治すだけ

ただ、一般的な整形外科は、骨折や骨の異常を治すところです。

外反母趾の治療が上手なところは少ないです。

サポーターや、高価なインソールの処方、矯正器具で対応されるところは、まず治りません。

特に、サポーターと足指の形の矯正器具は、

外反母趾を悪化させるだけ

なので、付けないでください。

サポーターや、矯正器具の外反母趾の治療が効果がない理由

サポーターや矯正器具で足の形を無理やり変えようとすると、逆に悪化します。

なぜなら、足は地面に着地するために、柔らかくしておく必要があります。

サポーターや矯正器具で足の動きを固めてしまうと、歩く度に衝撃をまともに受けてしまいます。

そうすると、膝、腰が悪くなります。

サポーターや、矯正器具では、足の形も戻りません。

悪いことだらけなのでご注意ください。

きれいな足に戻すには外反母趾の専門整体へ

外反母趾の足の角度を元に戻すには、外反母趾の専門整体です。

外反母趾の原因は、骨が異常になる、ではなく、

  1. なぜ足が過剰回内になっていて
  2. 足の一部に過剰に体重が乗ってしまい、
  3. その乗った部分で蹴りだすような歩き方をする

ことです。

なので、外反母趾の専門整体で、

  • 過剰回内を引き起こしている姿勢やバランスの乱れ
  • 足裏のどこに体重が掛かり過ぎているか
  • どの部分で蹴りだす歩き方をしているか?

を確認してもらい、

  • 正しい体の使い方、
  • 足全体に体重を支える歩き方

に体を変えると、きれいな足に戻ります。

軽度の外反母趾で痛みもない。治療の必要はある?将来的にどうなりますか?

軽度の外反母趾で痛みもないと放置しがちです。

ただ、外反母趾の原因は、歩き方、です。

なので、

歩く度に外反母趾は悪化

します。

軽度だと1年、2年はそのままですが、10年後、20年後に

  • 外反母趾の痛み
  • ひざ痛
  • 股関節痛
  • 腰痛
  • 背中痛
  • 首痛
  • 頭痛

と、どんどん痛む部分が上に上がります。

痛みが増えるのは足裏の一部で体重を支えているから

どうして痛むところが増えるか?です。

足の一部で体重を支えるために、体のアチコチの筋肉に力が余計に入ります。

簡単に言うと、ずーっとつま先立ちをしている感じですね。

つま先立ちを続けるために、体はバランスを取って安定させようと、あちこちの筋肉を使います。

これがずーっとなので、筋肉の使いすぎで炎症になり痛みになる、ということです。

なので、逆にいうと軽度のうちに歩き方を変えておく方が良いです。

いまどきの外反母趾の治療は、自分でできる

いまどきの外反母趾は、自分で治せます。

というより、

歩き方を変えるだけ

なので、自分で出来ます。

ただ、最初に

体の使い方のクセや、改善する歩き方

は、外反母趾の専門整体で確認してもらうのが良いでしょう。

外反母趾を自分で治すには「ゆるかかと歩き」

外反母趾を自力で治療するには、

ゆるかかと歩き

をするだけです。

「ゆるかかと歩き」を練習すると、体重が一部に乗らないように意識する歩き方になります。

「ゆるかかと歩き」って何ですか?

「ゆるかかと歩き」とは、最近発表されて、まだあまり知られていない

外反母趾や足・腰の不具合を自分で治せる歩き方

です。

2019年に、解説する本が出版されたばかり。

「ゆるかかと歩き」で沢山の足のトラブルの改善事例が積み上がりました。

その結果、どんな方でもできる方法がまとまりました。

そして、そのやり方を広めるために本が出版されました。

それ以来、もう全国で1万人以上が足の痛みを改善しています。

「足・腰・ひざの痛みが消える ゆるかかと歩き」

足・腰・ひざの痛みが消える ゆるかかと歩き [ 中島武志 ]

価格:1,320円
(2022/2/25 20:17時点)
感想(3件)

「ゆるかかと歩き」でどうやって治すの?

「ゆるかかと歩き?歩くだけでどうやって治すの?」

ですが、本当に体重の乗せ方を変えて歩くだけです。

ただ、今の歩き方になったのは、

体に変なクセがついているから

です。

なので、まずは、

そのくせを見つけるところがスタート

です。

体のクセを見つけるのは、「姿勢分析」と「足圧測定」をやれば完璧

体のクセを見つけるには、

「姿勢分析」

をして、

体の偏った力の入れ方

を確認する必要があります。

また、人によって

  • つま先側に力が入り過ぎている
  • 偏平足(土踏まずが無い)
  • 浮指

など、足の裏への体重の乗る部分、

「足圧」

が違います。

「姿勢分析」と「足圧」を計測して

あなたに合った体の使い方

をしながら、

ゆるかかと歩き

をする必要があります。

正しいゆるかかと歩きで半年後に元のキレイな足が戻ってくる

正しいゆるかかと歩きをすれば、

  • 痛む外反母趾
  • 小指が曲がる内反小趾
  • モートン病
  • 強剛母趾

など足のトラブルが改善します。

痛みのひどさ、外反母趾の角度にもよりますが、だいたい

  • 痛みは1週間
  • 足の角度は半年

くらいで改善しています。

「姿勢分析」と「足圧測定」ってどこでやってもらえるの?

「姿勢分析」と「足圧測定」は、全国各地の

「ゆるかかと歩きの指導院」

でやってもらえます。

関西では、大阪の河内長野市、

南花台田辺整骨院・整体院 さん

が有名です。

全国で100人近くいるインストラクター(指導員)でも、

外反母趾を100人以上改善した実績

がないと認定されてない

マスター・インストラクター

です。
(2022/03/04 現在で全国で3人)

確実に、

外反母趾を改善させる「ゆるかかと歩き」

を指導してもらえます。

外反母趾を治したい人は、一度、

姿勢分析と足圧測定

の個別相談に行ってみて下さい。

外反母趾を治す「ゆるかかと歩き」を始める前に、まず足圧測定と姿勢分析を受けるにはこちら