足のつま先の裏が痛む中足骨骨頭部痛

一般的な整骨院、整体院では、

テーピングで治る

というようなことを言われています。

また、中足骨骨頭の痛みをとるテーピングのやり方、巻き方が色々と発信されています。

たしかに、一時的に痛みは取れますが、根本的に痛みをとるには、テーピングでは無理です。

中足骨骨頭部痛の原因

中足骨骨頭部痛

つま先の裏が痛い

足のつま先の裏がジンジン痛む中足骨骨頭部痛になる原因は、

足の横のアーチ崩れ

です。

偏平足で土踏まずがつぶれることで、アーチ崩れが発生する

・・・とよく解説されています。

それは間違いではないのですが、

土踏まずがつぶれているから、それをテーピングで治せばよい

というのは間違いです。

また、土踏まずがつぶれている原因を

  • 年齢
  • 遺伝

としているところは、土

踏まずがつぶれている原因の取り違い

をしています。

横のアーチ崩れを引き起こすのは、足の過剰回内

横のアーチ崩れを引き起こすのは、

「靴」でも
「年齢」でも
「遺伝」でも

ありません、

足の過剰回内

です。

足の過剰回内とは

足の過剰回内とは、簡単言うと、

足の「かかと」から「つま先」までが過剰に内側に倒れている状態

です。

足の過剰回内が引き起こす様々な体のバランス崩れ、痛み

足の過剰回内が色々な体の痛みを引き起こす

内側に倒れこんでいるので、土踏まずがつぶれるんですね。

中足骨骨頭部痛を引き起こす、横のアーチを崩す原因は、この足の過剰回内です。

普通は靴の外側がすり減ります。

ですが、靴の内側がすり減る場合は、まず間違いなく過剰回内です。

「足の過剰回内」が「中足骨骨頭部痛」を引き起こす流れ

足が過剰回内の状態になると、どうして中足骨骨頭部痛になるのか?の流れです。

  1. なんらかの体の使い方で足が過剰回内になる
  2. 過剰回内になると、土踏まずがつぶれる
  3. 土踏まずがつぶれると、横のアーチが崩れる
  4. 横のアーチが崩れると、つま先に体重が乗り、地面からの衝撃をまともに受ける
  5. 歩く度に地面からの衝撃を受け続けるので、中足骨骨頭部痛になる

ということになります。

中足骨骨頭痛の痛み解消にテーピングは一時的な効果しかない

残念ながら、中足骨骨頭部痛の痛みをテーピングでなんとかしようとするのは、一時的な効果しかありません。

一生、テーピングをするわけにもいきません。

中足骨骨頭部痛を引き起こす

足の横アーチの崩れ

は、足の過剰回内が引き起こしています。

なので、中足骨骨頭部痛の痛みを根本的に取り去るには、

足の過剰回内を解消することが必要

になります。

足の過剰回内を解消するには「姿勢分析」「足圧測定」「歩き方の改善」が必要

足の過剰回内は、なんらかの体の使い方によって引き起こされています。

なので、まずは、

「姿勢分析」

が必要になります。

また、中足骨骨頭部痛ではつま先が痛くなります。

足のどの部分に体重が乗っているか?を

「足圧測定」

で確認する必要があります。

その上で、各自にあった

「歩き方の改善」

をすることで、

過剰回内を解消し、中足骨骨頭部痛の痛みを取り去る

ことができます。

「姿勢分析」「足圧測定」を行った上で、過剰回内を解消する歩き方を改善する方法が

ゆるかかと歩き

です。

「ゆるかかと歩き」って何ですか?

「ゆるかかと歩き」をマスターして、自分で外反母趾を治しましょう。

「ゆるかかと歩き」

「ゆるかかと歩き」とは、最近発表されて、まだあまり知られていない

足・腰の不具合を自分で治せる歩き方

です。

2019年に、解説する本が出版されたばかり。

「ゆるかかと歩き」で沢山の足のトラブルの改善事例が積み上がりました。

そして、そのやり方を広めるために本が出版されました。

それ以来、もう全国で1万人以上が足の痛みを改善しています。

「足・腰・ひざの痛みが消える ゆるかかと歩き」

足・腰・ひざの痛みが消える ゆるかかと歩き [ 中島武志 ]

価格:1,320円
(2022/2/25 20:17時点)
感想(3件)

「ゆるかかと歩き」でどうやって治すの?

「ゆるかかと歩き?歩くだけでどうやって治すの?」

ですが、本当に

体重の乗せ方を変えて歩くだけ

です。

ただ、今の歩き方になったのは、

体に変なクセがついているから

です。

なので、まずは、

そのくせを見つけるところがスタート

です。

体のクセを見つけるのは、「姿勢分析」と「足圧測定」をやれば完璧

体のクセを見つけるには、

「姿勢分析」

をして、

体の偏った力の入れ方

を確認する必要があります。

また、人によって

  • つま先側に力が入り過ぎている
  • 偏平足(土踏まずが無い)
  • 浮指

など、足の裏への体重の乗る部分、

「足圧」

が違います。

「姿勢分析」と「足圧」を計測して

あなたに合った体の使い方

をしながら、

ゆるかかと歩き

をする必要があります。

正しいゆるかかと歩きで半年後に元のキレイな足が戻ってくる

正しいゆるかかと歩きをすれば、

  • 痛む外反母趾
  • 小指が曲がる内反小趾
  • モートン病
  • 中足骨骨頭部痛
  • 強剛母趾
  • ハンマートゥ

など足のトラブルが改善します。

痛みのひどさ、指の角度にもよりますが、だいたい

  • 痛みは1週間
  • 足の角度は半年

くらいで改善しています。

「姿勢分析」と「足圧測定」ってどこでやってもらえるの?

「姿勢分析」と「足圧測定」は、全国各地の

「ゆるかかと歩きの指導院」

でやってもらえます。

関西では、大阪の河内長野市、

南花台田辺整骨院・整体院 さん

が有名です。

全国で100人近くいるインストラクター(指導員)でも、

外反母趾を100人以上改善した実績

がないと認定されてない

マスター・インストラクター

です。
(2023/01/20 現在で全国で3人)

また、2022年11月末に、

累計700人の足改善

を達成されました。

確実に、

足の過剰回内と、蹴りだす歩き方

を改善させる

「ゆるかかと歩き」

を指導してもらえます。

本気で治したい人は、一度、

「姿勢分析」と「足圧測定」

に行ってみて下さい。

中足骨骨頭部痛の治療で、「ゆるかかと歩き」を始める前に、まず足圧測定と姿勢分析を受けるにはこちら