「最近、外反母趾がヒドくなってる気がする」
「痛みが出てきた」
「足の指だけじゃなく、ひざや股関節も痛い」

など、外反母趾が悪化してきている方に、

外反母趾が悪化する原因

を説明いたします。

一般的に言われている悪化の原因は「あわない靴」と「筋力の衰え」

一般的に言われている外反母趾が悪化する原因は、2つあります。

1つ目は、自分の足に合っていない靴を履き続けることです。

足に合っていない靴を履くことで、母指の付け根から先が圧縮されてしまいます。

自分の足に合っていない靴を履くと、人間はより楽に歩こうとします。

なので、自然と中足指節間関節が「く」の字に曲がるようなストレスが加わっている状態で歩いてしまい、少しずつですが、確実に、外反母趾が悪化してしまう、という訳です。

特にハイヒールは、外反母趾の最大の悪化の原因と考えられています。

2つ目の悪化する理由として挙げられるのが、現代人の足の筋力がどんどん低下している、ということです。

現代社会において、私たちは1日のうちで靴を履いている時間が長く、裸足になる時間が減少しています。

また、車や電車といった乗り物を利用することが増え、自分の足で歩く機会は減っています。

そのため、足の筋力はどんどん低下し、結果として外反母趾が悪化してしまう、という訳です。

外反母趾が悪化する本当の原因は、「歩き方」

外反母趾が悪化する本当の原因は、「歩き方」です。

一般的に外反母趾が悪化する原因は、

  • 「つま先が細くなった靴を履くから。」
  • 「ハイヒールを履くから。」
  • 「靴があってないから。」
  • 「足の筋肉が衰えているから。」

などと言われていますが、それは間違いで、

本当の理由は、歩き方

です。

どうして間違いと言えるかというと、

  • 「スニーカーしか履いてない子供」
  • 「普段サンダルを履いている人」
  • 「海外で裸足で歩いている人」

でも外反母趾になります。

なので、辻褄が合わないことになります。

外反母趾のホントの原因は何なのでしょうか?

本当の原因は、「足の過剰回内」

外反母趾はまず整形外科さんに行って、その後、整体院に通う方が多いです。

外反母趾の方をよく見ていた大阪の中島武志という方が、

アメリカの最新の足病医学の研究

と、

ご自身の施術経験

から、外反母趾の本当の原因は、

足の過剰回内

であると突き止め、

「ゆるかかと歩き」

を考案されました。

「ゆるかかと歩き」って何ですか?

「ゆるかかと歩き」とは、まだあまり知られていない

外反母趾や足・腰の不具合を自分で治せる歩き方

です。

2019年に、解説する本が出版されたばかり。

足のトラブルの改善事例を積み上げた結果、正しいと判明されたので、やり方を広めるために本が出版されました。

なので、もう全国で1万人以上が足の痛みを改善しています。

「足・腰・ひざの痛みが消える ゆるかかと歩き」

足・腰・ひざの痛みが消える ゆるかかと歩き [ 中島武志 ]

価格:1,320円
(2022/2/25 20:17時点)
感想(3件)

外反母趾が悪化するのは、悪い歩き方の積み重ね

外反母趾の原因は、「足の過剰回内」です。

過剰回内の状態のままだと、歩く度に

外反母趾が、すこしずつ悪化

します。

急に痛みが出るようになるので、違う原因を探しがちです。

でも、痛みの原因は、ずーっと同じで、

外反母趾

なのです。

痛くなかったのは、足が限界に来てなかっただけです。

痛みが出るほどひどくなった、ということです。

外反母趾は勝手に治ることはありません。

歩き方が変わらない限り、外反母趾はよくなることは有りません。

手術で足の形を変えたりしても、原因は足の形ではないので、再発します。

薬で一時的に痛みを抑えても根本的には治らないです。

痛みを抑えて歩き回る分、余計にひどくなります。

外反母趾の足が痛みだしたら、ゆるかかと歩き指導院へ

痛みが出るほどの足は、歩き方を変えない限り良くなりません。

痛みが出ている方は、今すぐお近くのゆるかかと歩き指導院で、歩き方の改善をして下さい。

痛みを放置すると

「ひざ」「股関節」「腰」「背中」「肩」「首」

と順におかしくなっていきます。

土台になる足がおかしいので、徐々に上の方もおかしくなってくるわけです。

体全体のバランスを整えながら、足の過剰回内を解消する必要があります。

外反母趾が痛む方は、おはやめに「ゆるかかと歩き指導院」へ。