足の親指が「く」の字に曲がる「外反母趾」の治し方です。小指が曲がる「内反小趾」も治ります。ズバリ、足のトラブルの原因は「足圧の偏り」。大阪で外反母趾を治すなら「ゆるかかと歩き」

未分類

カテゴリ一 記事一覧

原因から考えると男性でも外反母趾になるのは全然おかしくないです。男性が外反母趾になる原因と、どうすれば良いか?を解説します。

原因から考えると男性でも外反母趾になるのは全然おかしくないです。男性が外反母趾になる原因と、どうすれば良いか?を解説します。

外反母趾は、足の親指が隣の指に向かって20度以上、「くの字」に曲がってしまう病気です。 親指の付け根の関節が突き出し、靴に当たって炎症を起こしたり、痛みを引き起こします。 悪化すると、親指が正常な位置から40度以上も曲がり、靴を履いていない時でも強く痛むようになります。 親指の関節が半分脱臼した「亜脱臼」という状態になり、親指が回転してしまうこともあります。 一般的に、男性が外反母趾になる原因として言われていることはいくつかあります。 まず、遺伝によるものです。 外反母趾の方の親も外反母趾であることが多いのです。 次に、靴の種類によるものです。 幅が狭く

高齢者が外反母趾になる原因は、筋力低下でも靴でもありません。本当の原因を見つけて、外反母趾を治療しましょう。

高齢者が外反母趾になる原因は、筋力低下でも靴でもありません。本当の原因を見つけて、外反母趾を治療しましょう。

高齢者が外反母趾になる原因は色々と言われています。 一般的には、 若いころにハイヒールを履いていた そもそも遺伝だから、どうしようもない 筋力の低下 などなど。 現在ではこれらは誤りで、外反母趾の原因は、 足の過剰回内 と判明しています。 一般的に言われてることとが何故間違いか?を説明し、本当の原因について説明します。 外反母趾とは、足の母指(親指・母趾)の先が人差し指(第2趾)のほうに「くの字」に曲がった状態をいいます。 つけ根の関節の内側の突き出したところが腫れて、靴を履いて歩くと痛みます。 ひどくなると、親指が正常な位置から40度以上も曲がり、靴を