1日9000歩は歩きますが、足裏が痛くなってきた。

整形外科では足底筋膜炎との診断。

言われた通りのストレッチしても一向に良くならない。

どうしたらよいでしょうか?という質問です。

整形外科で教えてもらった足底筋膜炎のストレッチで、症状が改善しない、どうしたらよいでしょうか?

アキレス腱がすぐに張り、立っていられません。

また、最近では、歩くと足裏が痛く、蹴り出す拇趾球も痛みます。

さらに、O脚なので、足裏の外側の痛み、向こう脛の外側もカチカチになってしまいます。

整形外科に行ったら足底筋膜炎だということでストレッチを勧められました。

ストレッチしても歩き出すと、また、立ち続けるとすぐにパンパンに張ります。

困ったことです。

通勤でだいたい1日9000歩は歩きます。

きついです。

何か良い手段はないでしょうか?

足底筋膜炎は、ストレッチより、逆に緩める

足底筋膜炎とは、足底筋膜に炎症が起こっている状態です。

炎症が起こる原因ですが、歩く度に足底腱膜にダメージが加わっているからです。

詳しくは下記の足底筋膜炎の治し方動画をご覧ください。

普通は、着地後に足底筋膜は緩む

普通の場合だと、足底筋膜は、着地時に緩まります。

が、足底筋膜炎になる方は、着地後もそのまま、伸びきった状態になっています。

そのために、地面からの衝撃をそのまま足底筋膜が受け取り、少しずつ傷ついていく、という流れです

大抵は偏平足が原因

大抵は、偏平足(土踏まずが無い足)が原因です。

偏平足で土踏まずが平べったくなっていると、足底筋膜が伸びきった状態になります。

それで、つま先側に力が入った歩き方をすると、足底筋膜が伸びきった状態で歩くことになります。

そうすると、足底腱膜が少しずつ断裂を起こし、炎症が発生するということです。

足底筋膜炎を解消するなら、ストレッチより、足の過剰回内を解消する

足底筋膜炎は、

足底筋膜が伸びきった状態になっているが原因

です。

なので、ストレッチは逆効果。

  1. 足底筋膜を緩める
  2. 土踏まずを作る
  3. 地面から衝撃の少ない歩き方に変える

のが治す方法です。

歩き方を変えることは、足底筋膜炎の予防にもなります。

足底筋膜炎のストレッチは無駄

足底筋膜炎のストレッチには、タオルやボールを使ったものが紹介されています。

本当の原因は、偏平足で足底筋膜が伸びた状態になっていることです。

なので、

  • タオルを使ったストレッチ
  • ボールをころころ転がすストレッチ
  • 器具を使ったストレッチ

は、一時的には効果あるかもしれませんが、予防や再発防止にはなりません。

根本的な改善や予防は、足が扁平足を改善すること

足底筋膜炎になる方は、ランニングやスポーツをする活発な方が多いです。

だからといって足が健康な状態であるとは限りません。

足底筋膜炎は、偏平足、もしくは足底筋膜が伸びきった状態になるような歩き方をしているためです。

これを改善しない限り、ストレッチなどしていても再発します。

偏平足の原因は、足の過剰回内

偏平足の原因は、足の過剰回内です。

足の過剰回内が引き起こす様々な体のバランス崩れ、痛み

様々な体の不具合をつくりだす足の過剰回内

足が過剰に内側に倒れこんでいる状態です。

足が内側に倒れこむので、土踏まずがつぶれます。

これが偏平足の原因です。

体のクセから起こる足の過剰回内

過剰回内になるのは、なんらかの体の使い方が原因です。

この体の使い方を変え、過剰回内を解消するために考えられたのが、

ゆるかかと歩き

です。

「ゆるかかと歩き」って何ですか?

「ゆるかかと歩き」をマスターして、自分で外反母趾を治しましょう。

「ゆるかかと歩き」

「ゆるかかと歩き」とは、最近発表されて、まだあまり知られていない

足・腰の不具合を自分で治せる歩き方

です。

2019年に、解説する本が出版されたばかり。

「ゆるかかと歩き」で沢山の足のトラブルの改善事例が積み上がりました。

そして、そのやり方を広めるために本が出版されました。

それ以来、もう全国で1万人以上が足の痛みを改善しています。

「足・腰・ひざの痛みが消える ゆるかかと歩き」

足・腰・ひざの痛みが消える ゆるかかと歩き [ 中島武志 ]

価格:1,320円
(2022/2/25 20:17時点)
感想(3件)

「ゆるかかと歩き」でどうやって治すの?

「ゆるかかと歩き?歩くだけでどうやって治すの?」

ですが、本当に

体重の乗せ方を変えて歩くだけ

です。

ただ、今の歩き方になったのは、

体に変なクセがついているから

です。

なので、まずは、

そのくせを見つけるところがスタート

です。

体のクセを見つけるのは、「姿勢分析」と「足圧測定」をやれば完璧

体のクセを見つけるには、

「姿勢分析」

をして、

体の偏った力の入れ方

を確認する必要があります。

また、人によって

  • つま先側に力が入り過ぎている
  • 偏平足(土踏まずが無い)
  • 浮指

など、足の裏への体重の乗る部分、

「足圧」

が違います。

「姿勢分析」と「足圧」を計測して

あなたに合った体の使い方

をしながら、

ゆるかかと歩き

をする必要があります。

正しいゆるかかと歩きで半年後に元のキレイな足が戻ってくる

正しいゆるかかと歩きをすれば、

  • 痛む外反母趾
  • 小指が曲がる内反小趾
  • モートン病
  • 中足骨骨頭部痛
  • 強剛母趾
  • ハンマートゥ

など足のトラブルが改善します。

痛みのひどさ、指の角度にもよりますが、だいたい

  • 痛みは1週間
  • 足の角度は半年

くらいで改善しています。

「姿勢分析」と「足圧測定」ってどこでやってもらえるの?

「姿勢分析」と「足圧測定」は、全国各地の

「ゆるかかと歩きの指導院」

でやってもらえます。

関西では、大阪の河内長野市、

南花台田辺整骨院・整体院 さん

が有名です。

全国で100人近くいるインストラクター(指導員)でも、

外反母趾を100人以上改善した実績

がないと認定されてない

マスター・インストラクター

です。
(2023/01/20 現在で全国で3人)

また、2022年11月末に、

累計700人の足改善

を達成されました。

確実に、

足の過剰回内と、蹴りだす歩き方

を改善させる

「ゆるかかと歩き」

を指導してもらえます。

本気で治したい人は、一度、

「姿勢分析」と「足圧測定」

に行ってみて下さい。

足底筋膜炎の名医で、まず足圧測定と姿勢分析を受ける