子供が外反母趾になる原因は、

足の過剰回内

です。

が、世間では色々と間違った説が言われています。

一般的に言われていることが「どう間違っているのか?」の説明と、

本当の原因を知り、外反母趾を改善する方法

をご紹介します。

「外反母趾の原因は遺伝!」が間違っている理由

子供が外反母趾になる原因として一般的に言われているのは、

遺伝的な要因

どです。

「母親」も「祖母」も外反母趾だから、子供も外反母趾、というのはあります。

ただ、それは「遺伝だから」ではありません。

遺伝なら生まれながらに外反母趾になるはず

思い出して頂きたいのですが、生まれたときにお子さんは外反母趾ではありませんでした。

多分、幼稚園くらいまでは外反母趾は無かったのではないでしょうか?

もし「遺伝」なら、生まれたときから、外反母趾になるはずです。

なので、遺伝ではなく、成長するにつれて、

何かがおかしくなった

のです。

「その何か」が、「足の過剰回内」ということですね。

親子で外反母趾になる原因は、

  • 似た骨格をしているため
  • 体のバランスが崩れる部分も似て
  • そのため、同じように足の過剰回内になりやすい

からです。

遺伝と思っていた外反母趾が改善した事例は沢山あります。

逆に、ご自身の外反母趾が解消されたので、親を連れてくる、というパターンもあります。

外反母趾は遺伝ではないので、あきらめずに後半で紹介する改善方法を試してみてください。

「外反母趾の原因は、運動不足!」が間違っている理由

よく言われている理由の一つに

運動不足が外反母趾の一つの原因

という話があります。

近年は、ゲーム機の普及、習い事・塾などで、外遊びをする機会が昔よりも減っています。

また、遊べる公園が少ない、禁止事項が多いこともあります。

  1. 外遊びの時間が減って、
  2. 運動不足になり、
  3. 筋力の低下が原因で外反母趾になる、

ということが言われています。

「運動不足が外反母趾の原因」は、ひどい誤解

外反母趾の原因は運動不足、というのは、全くのでたらめです。

むしろ、運動している子供の方が外反母趾になりやすいです。

理由は、スポーツは、つま先で動作をすることが多いからです。

また、野球やテニスのように内股になる姿勢が多いスポーツは、外反母趾になりやすいです。

理由は、

足の過剰回内になりやすいから

です。

足の過剰回内が、外反母趾の原因になる理由は、

  1. 歩く際に内股になり、
  2. 足の「かかと」から「つま先」までが内側にたおれ
  3. 土踏まずが地面につき、
  4. 足の親指近辺で蹴りだす歩き方

になってしまうからです。

そうすると、

  1. 親指付近に体重が乗り、
  2. 親指付近がくの字に曲がっていく

ということですね。

なので、

お子さんの外反母趾を治したい

場合は、

足の過剰回内

を直さないといけません。

足の過剰回内を正すには「ゆるかかと歩き」を習得

足の過剰回内を正すのは、自分で可能です。

それは、2019年に

アメリカの足病医学

と、

外反母趾改善の専門家の施術経験

をベースに考案された

ゆるかかと歩き

です。

ゆるかかと歩きの解説は本もありますが、Youtubeの動画で無料公開されています。

子供が外反母趾になる原因は、毎日の歩き方にあります。

歩き方を改善して、お子さんの外反母趾を自分で治していきましょう。