足の親指が「く」の字に曲がる「外反母趾」の治し方。小指が曲がる「内反小趾」、足先が痛む「モートン病」、かかとがズキっとする「足底筋膜炎」など、足のトラブルの原因は「足圧の偏り」。足首より下のトラブルを解消できる「ゆるかかと歩き」

足底筋膜炎

カテゴリ一 記事一覧

朝起きたときの一歩目や、座っていて立とうとしたときの一歩目に足裏が痛む。これは足底筋膜炎?

朝起きたときの一歩目や、座っていて立とうとしたときの一歩目に足裏が痛む。これは足底筋膜炎?

朝起きた時の一歩目や、座っていて立とうとしたときに足裏や「かかと」が痛む。 それは、 足底筋膜炎(足底腱膜炎) (そくていきんまくえん・そくていけんまくえん) かもしれません。 特に、 足が外反母趾で偏平足 立って歩き回る仕事 電車通勤(通学) だと、可能性は高いです。 どうして足の裏が痛くなるの? 痛くなっているのは、 かかとの骨から、足の5本の指のつけ根の骨をつないでいる「足底筋膜(そくていきんまく)」 という筋膜(きんまく)です。 この筋膜が、炎症や断裂を起こして痛みが生じています。 特に痛みが出やすい部分は、かかとの骨と繋がっている部分です。 痛